Tamani Uncategorized カジノシアターの歴史

カジノシアターの歴史



Spread the love

オンラインでカジノ定番のテーブルゲームをプレイするならYuugadoカジノ!

初期のカジノ(人々が集まる大きな部屋を意味する言葉)の主な目的は、人気講話、芝居、ヴォードヴィルの巡業などでした。施設のサイズが、町の小さな映画館向けに制作された稚拙な無声映画を上映するには大きすぎたのです。ちなみにこれらはすべてテレビやラジオといった高度なコミュニケーション手段が発明される前の話です。カジノのステージは、世界のエンターテイメントなるもののトレンドを直に経験するための、あるいは有名なスピーカーの話を聞くための、限られた手段の一つだったのです。

時とともに技術が進歩し、カジノシアターは当時流行していた無声映画を上映するために使用されるようになりました。その後、無声映画にオーケストラ(ジュネーブでは大型の据え付けオルガンを使用)が伴うようになり、一段と深みを増しました。

さらに、カジノシアターはウィリアムハワード・タフト大統領、ボクシング世界チャンピオンのボブ・フィッシモンズ、作曲家ホーギー・カーマイケル、 ロンリーレンジャー、カウボーイのテックス・リッター、ロイ・ロジャース(とその馬トリガー)といった面々を迎えるようになりました。ロックバンドのストゥージズ、ミッキー・ルーニーなども出演しました。ペンシルベニア州インディアナ郡出身の十代後半か二十代前半のある青年が、夏にヴァンダーグリフトの叔母を訪ね、彼の初期の映画のいくつかを映写技師が上映するのを手伝ったことも伝えられています。そのカジノでは二流映画やクラシック映画を何年間も上映していました。これによってシアターは短い時間により多くの映画を上映することができるようになりました。固定客数の比較的少ない事業としては当然の措置だったのでしょう。こうしてビジネスは順調に伸びていきました。

それから長い間カジノは季節営業のビジネスとして経営されました。1975年から2007年までの間は、3月半ばからメモリアルデーまでの週末にしか営業していませんでしたが、やがて9月いっぱいまでフルタイムで営業するようになり、感謝祭の週は週末の営業も再開しました。

カジノシアターにおけるもう一つの大きな変化は、新たなデジタル投影技術への投資で、それによって3D映画を投影することが可能となりました。この新たなシステムは2012年3月2日に幕開けとなり、新型のスクリーン、音響システム、そしてコンピュータ制御によるプロジェクターが搭載されたものでした。さらにカジノはその同年、正面入り口の古い看板(ひき逃げドライバーによって文字が壊された)を特別デザインによるデジタルのマーキーに取り替えました。

なぜ「カジノ」なのか?

イタリア語のcasinoはもともと田舎の一軒家(イタリア語で casaは「家」を意味し、casinoは「小さい家」を意味する)を意味していました。 その言葉はのちに社交場、つまり人々がダンスをしたり音楽を聴いたりする部屋や建物を意味するようになりました。

そして1800年代半ばに英語となり、ヴィクトリア朝時代には長年にわたって単に華やかでエキゾチックな社交施設という意味で使われていました。カジノはビリヤード、ボーリング、コンサート、ダンス、ディナー、ティーパーティー、シアターを楽しむ場所になりました。

その後、「カジノ」は19世紀後半にこのような場所に対する正式名として定着しました。1895年にオープンしたプリンストン大学の最初の学生センターはカジノシアターと呼ばれ、テニスコート、ダンスフロア、ボーリング場、演劇ステージなどが入っていました。ニューヨークのブロードウェイにもカジノシアターがあり、1894年から2000年にかけてオペラの舞台となっていました。

「リッツ」や「リアルト」などのカジノも映画館ができてから人気が高まりました。カジノと呼ばれるシアターは、アメリカ全土を通じて何百ヶ所もあったものです。1900年に創建されたペンシルベニア州のヴァンダーグリフトには、現在でも州の各地で営業中の「カジノシアター」が残っています。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments